HOW TO CARE

  • お買い上げ後ご使用される前に

  • 汚してしまったら

  • 水に濡れてしまった時

  • 日々のメンテナンス

  • 製品の保管方法

- 製品購入後、出来るだけ早い段階で防水スプレーにて、製品全体の保護をお勧めします。

防水スプレーをかけることによって、雨や油汚れ、ホコリなどが革の繊維に入り込むことを防ぐと同時に、
表面に付いた簡単な汚れが落としやすくなる効果があります。
使用頻度にもよりますが、週に1度は防水スプレーにて保護されることをお勧めします。

革の種類によりましてはシミや色落ちする素材もございます。
必ず、ご使用前に目立たない部分でテストしてからご使用下さい。

  • 防水スプレーは、ワントーン色が変わるくらいしっかり吹きかけましょう。
    1~2分経てば元の色に戻ります。
濡れてもささっと拭き取るだけでOK。乾いたタオルなどで、こすらずたたくように水分を吸収してください。

- ヌメ革製品の場合には、ご購入後日焼けさせることも有効です。

使用前に日焼けさせることによって、革に含まれていたオイルが染み出て保護膜となります。
又、まだらに日焼けしてしまうことを防ぐことも出来ます。
日焼けによりうっすらと色付くことによって汚れも目立ちにくくなります。

  • 製品を窓際などで日差しに当ててください。表、裏、底などまんべんなく日焼けさせて下さい。
  • ふた付き、ベルト付の製品などは日焼け跡が残りやすいですので、ふたやベルトを持ち上げた状態でも
    日焼けさせて下さい。
  • 季節や日照条件にもよりますが、3日~1週間程度で色が変わってきます。

高温になりすぎる場所での日焼けは避けてください。
あまり日焼けさせずに使用されたい方は、上記の日焼けは避けてください。

汚れてしまった場合は、出来るだけ早く対処いただくことが大切です。
革の繊維にまで染み込んでしまった汚れはなかなか取れませんので、汚れに気づいたら出来るだけ早く以下の方法をお試し下さい。

- 簡単な汚れ

簡単な汚れには、レザーガムをご使用下さい。
専用ブラシで革表面と隙間のホコリを落とし、クロスで乾拭きをして表面の汚れをきれいに取り除きます。

革によってはレザーガムで擦りすぎることによって、跡が付く場合がございます。
軽く叩くようにご使用下さい。

必要に応じて、汚れを落とした後に専用レザークリームでケアをします。

- 定期的な汚れ落とし

使用されていると、製品には手垢や汗が付き、黒ずんで来ます。それを味と見るか汚れと見るかは人それぞれですが、
気になる場合には以下の方法でお手入れ下さい。

  • 専用ブラシで革表面と隙間のホコリを落とします。
  • クロスで乾拭きをして革表面の汚れをきれいに取り除きます。
  • レザークリーナーをクロスに少量取って、汚れの気になる部分を軽く拭き取るようにしてご使用下さい。
    *レザークリーナーには手垢や汗を落とす以外に、古くなったレザークリームを除去する役割も有ります。

革の種類によりましてはシミや色落ちする素材もございます。
必ず、ご使用前に目立たない部分でテストしてからご使用下さい。
強く拭きすぎると、しみになる場合がございます。強く擦らずにご使用下さい。

IL BISONTE製品にとって、水に濡れることは大敵です。
極力濡らさない為にも上記の防水スプレーをお勧めしていますが、突然の雨などで濡れてしまうことは良く有ります。
水染みを作らない為には出来るだけ早く乾燥したタオル等で水を拭き取って下さい。擦るのでは無く叩くように水分を取ってください。
ひどく濡れてしまった場合には、拭いた後中に型崩れを防ぐ為に新聞紙等を入れて、風通しの良い日陰で自然乾燥させてください。

IL BISONTEの革にはもともと脂分が含まれていて、革の表面はしっとりとした肌触りになっています。
長い間使用するうちに、もともと含まれている脂分は徐々に失われていきます。
そのような場合、革の表面がかさついたり、ひび割れたりすることも有ります。これを防ぐ為に定期的にレザークリームでお手入れ下さい。
革に栄養を与え、潤いと革本来のしなやかさを取り戻すことが出来ます。

革の種類によりましてはシミや色落ちする素材もございます。必ず、ご使用前に目立たない部分でテストしてからご使用下さい。
IL BISONTEには2種類の専用レザークリームがございます。

普段使用している限りはめったにカビなどは生えませんが、長期間の保管の際にカビ等が生えることがあります。
製品を長い間ご使用にならない場合には、型崩れを防ぐ為に適度に新聞紙等を入れ、風通しの良い空間で保管をするようにして下さい。
使用していない間も、3ヶ月に1回ほど上記のお手入れをされるとより良い保管状態が保たれます。
湿気が有りすぎる場所での保存は良く無いですが、乾燥剤の使用は革の水分が失われて革が変質する可能性が有りますので避けてください。